【家事ヤロウ】収納がない部屋に洋服棚を簡単に作る方法と材料は何?

2020年1月29日放送の『家事ヤロウ』では、家事ヤロウの3人が女子寮に足を運び、お悩み家事を解決していきます。

100円均一のグッズで家事のお悩みを解決していくのですが、お手軽に試せそうなところがとてもいいですね!

こちらでは、『収納がない部屋に洋服棚を簡単に作る方法と材料は何?』と題して、収納がない部屋に洋服棚を作る方法を紹介します。

 

【家事ヤロウ】収納がない部屋に洋服棚を簡単に作る方法と材料は何?

数枚でも厚みが出てくる洋服の季節になってくると収納が困りますね。

部屋に収納が全くないのは困るので手軽に作れるといいのですが、どんな方法で収納を作っていくのでしょうか。

仕上がりのイメージは、以下のようになります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

家事ヤロウ(公式)(@kajiyarou)がシェアした投稿

では、さっそく見ていきましょう!

 

【必要なもの】

  • 突っ張り棒(6本)
  • ラッセバスケット(取っ手のあるケースのことをラッセバスケットと呼びます)
  • メイクアップスポンジ
  • 両面テープ

 

【作り方】

  1. 化粧パフに両面テープを貼って、棚の片面に3つずつ固定していきます。※パフの高さは少しずらして貼ることがポイントです。
  2. パフに合わせて突っ張り棒を設置していきます。これで土台が完成します。
  3. ラッセバスケットを突っ張り棒の上にセットすると、衣装棚のような仕上がりになります。

※1・ラッセバスケットの取っ手部分と突っ張り棒の太さがぴったりとフィットします。

※2・この方法は洗濯機のスペースでも使えます。

【家事ヤロウ】収納がない部屋に洋服棚を簡単に作る方法と材料は何? まとめ

100円均一のグッズでお悩みが簡単に解決できるといいですよね!

今回は、『収納がない部屋に洋服棚を簡単に作る方法と材料は何?』と題して、収納がない部屋に洋服棚を作る方法を紹介しました。

今回の方法は、シャツやニットなどの収納に向いている方法なので、アウターなど重さのあるものには向かないということです。

ですが、ニットなどはずっとハンガーにかけておくと肩の部分が伸びてしまうので、こういったボックスに収納できるとおしゃれですし、すっきりとしまえるところがいいですね!