いきなりステーキで肉離れの理由は何?新メニュー牡蠣の評判や感想まとめ!

いきなりステーキで肉離れの理由は何?新メニュー牡蠣の評判や感想まとめ!新メニューが5月16日より販売開始されるとネットでは評判や感想そして不安の声が噴出しているようです。いきなりステーキから肉離れが止まない理由は何なのか、新メニュー牡蠣とは何で評判や感想不安の声など気になる点を調査しました!

 

いきなりステーキで肉離れの理由は何?


いきなりステーキと言えば、グラム単位でお肉を選らび食べることが出来るステーキ屋さんとして有名ですが、なんとステーキを売りにしているにも関わらず、いきなりステーキでは肉離れが止まらないというのです!!

 

まずはなぜ肉離れが止まらないのかを見ていきたいと思います。

運営するペッパーフードサービスはJ-CASTニュースの取材に、顧客層の拡大が狙いと話す。

既存店売上の前年割れが止まらない同店。「ステーキ一本足」からの脱却は功を奏すか。

■ステーキ業界の雄が一転…

2013年12月に銀座に1号店をオープンし、19年3月時点で433店舗まで拡大した「いきなり!ステーキ」。立食形式、グラム単位の価格設定、食べた肉の量に応じてポイントが貯まる「肉マイレージカード」などユニークな施策を打ち出し、ステーキ店「ペッパーランチ」で知られるペッパーフードサービスの稼ぎ頭にまで成長した。

しかし、足元の業績は厳しさを増す。18年4月から既存店売上の前年割れに歯止めがかからず、19年3月は前年同月比73.3%にまで落ち込んだ。

競合他社の参入が相次ぎ、店舗数の急拡大によるカニバリゼーション(自社競合)も予想される。2018年は国内に202店舗出店し、19年も210店の出店を目指す。

海外にも軸足を移したが、19年2月に、全11店あった米国店舗のうち7店の閉店を発表した。

 

 打開策として進めるのがメニューの拡充だ。

19年3月から、一部店舗で「いきなり!ステーキカレー」「カレーライス」の販売を開始した(現在、カレーライスは終了)。

4月には子どもや女性、年配客をターゲットとした「わんぱくワイルドステーキ」「わんぱくハンバーグ」を、5月16日からは「生牡蠣」「焼き牡蠣」を一部店舗で販売開始した。

同社広報はJ-CASTニュースの16日の取材に、メニュー拡充の背景を「色々な方にお食事をしていただきたい」と話す。

これまでの顧客層を拡大し、ファミリー層などの取り込みを狙う。「ゆっくりお食事を楽しんでいただく」目的で、テーブルを低くするなどの手も打つ。今後も「いきなり!ステーキ」の看板で、ステーキ以外のメニューを増やす方針だ。

なお、ステーキと牡蠣の食べ合わせは一瀬邦夫社長のお墨付きだといい、米国では定番だという。

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-00000003-jct-bus_all

つまり、競合他社の参入で売り上げが落ちたことや急に店舗数を増やしたことなどが肉離れの理由のようですね。そこから幅広い層の客層を取り込みたいということから、いきなりステーキは肉離れの選択を選んだとも取れますね。

 

社長がステーキと牡蠣の食べ合わせはよいと言っていますが、斬新な組み合わせに驚きましたし、新メニュー牡蠣はファミリー層を取り入れての価格設定にしては高い気もします。

気になる価格と新メニュー牡蠣の詳細は以下で見ていきましょう!

 

新メニュー牡蠣は迷走気味で不安の声多数!

なんと5月16日からいきなりステーキでは、新メニューが登場して話題となっています。

その新メニューがこちらです!

メニュー名は「いきなりオイスター」新メニューとして牡蠣を取り入れたのです!

 

筆者は、牡蠣を食べると食あたりになってしまうため、食べることができませんが、おいしいですよね。

 

新メニューの導入にネットでは不安の声が出ています。

などと食中毒や食あたりを心配する声と1個500円は高いという声が上がっています。

確かに1個500円は高い気がしますね。

 

新メニュー牡蠣の評判や感想まとめ!

実際に新メニューのいきなりオイスターを食べた人たちの評判や感想はどうなのでしょうか。

おいしく食べられたようなので心配されている食中毒や食あたりが起きていないようでよかったですね。

しかも宣伝写真より、大きさもあり濃厚でおいしいとの感想が載っていますね!

 

新メニューの牡蠣が食べられる店舗はどこ?

新メニューの牡蠣はどこで食べることができるのでしょうか。

 

牡蠣が食べられるのは、5月14日現在こちらの3店舗です。

■銀座6丁目店

■新橋日比谷口店

■虎ノ門店

食べることが出来るのは、都心部だけなんですね。実験的に行っているのでしょうか。

色んな方にお食事いただきたいといきなりステーキの広報は取材に対して回答していたようですが、既に限られてしまっている気がします。

 

まとめ

いきなりステーキで肉離れの理由は何で、5月16日より販売開始された新メニュー牡蠣の評判や感想はどうなのかを調査しました。

食中毒、食あたりを心配する声や、1個500円は高いという声が上がっていましたね。

確かにファミリー層を狙うならこの価格は高いなとは思いました。

 

今後食べる方が増えるといいですよね。