磯野貴理子の元旦那の現在に批判殺到の理由は何?浮気して女性に暴行?

磯野貴理子の元旦那の現在に批判殺到の理由は何?浮気して女性に暴行?タレントの磯野貴理子さんの元旦那は高橋東吾さんですが、離婚した現在、批判が殺到していると話題になっています。過去には浮気して女性に暴行した?との情報があったので、磯野貴理子さんとの離婚理由も含めて調査しました!

 

磯野貴理子の元旦那・高橋東吾の画像は?

磯野貴理子さんの元旦那である高橋東吾さんの画像はあるのでしょうか。

2人の年の差は24歳差ということで現在、磯野貴理子さんが55歳、元旦那の高橋東吾さんは31歳ということですが、過去にはバラエティ番組で元旦那の高橋東吾さんは、「別れるという事は考えていない」と発言しておきながら、別れたうえに離婚の理由が最低だと世間から批判の声が殺到しています。

 

磯野貴理子の元旦那の現在に批判殺到の理由は何?

では、磯野貴理子さんの元旦那である高橋東吾さんになぜ批判の声が殺到していうのか見ていきましょう!

それは、5月19日放送のフジテレビの番組「はやく起きた朝は」で、磯野貴理子さんが高橋東吾さんの離婚したと報告し、その内容が衝撃的だったからです。

 

その時の動画が当初、ネットにアップされていましたが、現在は削除されていて見ることができません。

ですが、動画の内容を簡単にまとめると

子供が欲しいから別れて欲しいと元旦那の高橋東吾さんから告げられた

◆別れの内容に磯野貴理子さんは「わかった、わかった」と快諾

したことが語られていました。

 

それにしても、7年程一緒にいて今になって子供がほしいからって離婚理由としてどうなんでしょうか。最初から年の差がかなりありますし、分かっていたことなんじゃないでしょうかね。年の差がなくても難しいケースもありますから、高橋東吾さん何を考えているのでしょうか。

 

そんな元旦那の高橋東吾さんですが、過去には磯野貴理子さんが出資してバーを開店させています。

 

元旦那のバーの名前は何で場所はどこ?

元旦那の高橋東吾さんがバーを持ちたいということで、磯野貴理子さん開店資金を出資したバーの名前、そして場所はどこにあるのでしょうか。

 

まず、バーの名前ですが「バー ラビットフット」というそうです。

こちら食べログにも出ています。

このラビットフットという名前、何でこの名前なのか理由が気になりますね。あまりバーっぽくない名前ですね 。

 

元旦那は浮気して女性に暴行?

元旦那の高橋東吾さんは、磯野貴理子さんが2014年10月に脳梗塞で倒れたときに浮気しようとしたのか暴行事件をおこしています。

事件の詳細は、磯野さんが脳梗塞の入院中の2014年11月にフジテレビの朝の番組「はやく起きた朝は」の担当 ディレクターを囲む飲み会が開かれる。

◆入院中の磯野貴理子さんは参加できないため、元旦那の高橋東吾さんが代わりに参加。

◆磯野貴理子さんが入院中というこもあり、周りが飲んでいていいのと心配するも高橋東吾さんは「大丈夫、大丈夫」と軽い返事。

◆飲み会で高橋東吾さんが隣に座っている女性を口説き始める。

◆口説かれたいた女性の知人女性が注意に入ると、注意に入った女性の顔面を殴るという暴行を加える。

◆女性は全治6か月の怪我で右上歯の歯根破裂と顔面外傷後瘢痕拘縮(はんこんこうしゅく)と診断される

しかも、女性を殴った元旦那の高橋東吾さんはなんと長年キックボクシングをやっていたというので、威力も相当なものだったに違いありません。注意されたことにイラっとしたから手を出したと思うのですが、ボクシング経験者は特に手を出しちゃだめですよね。

 

この暴行事件は、被害女性が大事にしたくなかったのか、示談になっているそうですが、当時の記事を調べたところ示談金は払われていないそうで・・・。

被害女性は仕事の飲み会ということもあり、我慢するところも相当大きかったと思います。

 

ちなみにバーでは、女性客をナンパしていたという情報があります。

ということは、開店資金を磯野貴理子さんに出資してもらう→バーでナンパ(浮気もしくは次の女性を見つける)→暴行事件(このときもナンパしている)→離婚

なので、最初から手に入れられる物は、すべて手に入れて別れるつもりだったのでしょうかね。

 

ネットの声

磯野貴理子さんと高橋東吾さんの今回の離婚発表にネットの声はどうでしょうか。

 

まとめ

磯野貴理子の元旦那の高橋東吾さんの現在に批判殺到しており、浮気して女性に暴行したという情報があったため、どのような内容かを調査しました。

テレビで明るく離婚について話していた磯野貴理子さんですが、きっと心の中では泣いていたのかなと推測します。これから、磯野貴理子さんに良いことたくさんありますように。