じゃぱにぃ寺・ちょっと気をつけたい言葉づかいとは!?テレビ朝日6月8日

じゃぱにぃ寺・ちょっと気をつけたい言葉づかいとは!?テレビ朝日で6月8日放送のバラエティ番組『じゃぱにぃ寺』で日常生活にありがちなちょっと気をつけたい言葉づかいを取り上げていました。この言い方知ってる!それ、とっさに出てきますか?

 

ちょっと気をつけたい言葉づかいとは!?


普段の言葉づかいもほんの少し気を付けるだけで、品格アップできたら素敵ですよね✨

ここでは目上の方に対してちょっと気をつけたい言葉づかいの3つの例を見ていきましょう!!

 

ちょっと気をつけたい言葉づかいとは!?「教えて頂けますか」を丁寧に言うとどうなる?

まずはこちらから見ていきましょう!

~会社での会話編~

会社で分からないことがあった場合、あなたならどう聞きますか?

 

では、ここで問題です。「教えて頂けますか」を丁寧に言うとどうなるでしょうか?ちょっと考えてみてください^^

 

正解はこちら!!

正解は…「ご教示いただけますか」になります。

 

そういえば…ご教授いただけますか?と似た言葉もありますが、なぜ「ご教示いただけますか」になるのでしょうか!?

「ご教示」は、知識や方法を教え示すという意味

「ご教授」は、特に専門的な学問や専門知識を教え授けるという意味の言葉

という違いがあるんですね!

 

これはしっかりと覚えておきたいところですね✨

こちら一般正解率が15%の問題でした♪

 

ちなみに類義語で、「ご指導」や「ご指南」という言葉があります。これらの違いは以下のようです★

「ご指導」は、勉強や研究方法などの場合

「ご指南」は、武術・芸事を教わるとき

という違いがあるそうです!

■関連リンク

じゃぱにぃ寺・結婚式のお呼ばれで式場での正しい受付方法は?

 

ちょっと気をつけたい言葉づかいとは!?/主婦の会話編①

次はご近所付き合いでサッと使いたい主婦の会話です。

~主婦の会話編①~

あなたと目上の方がもともと約束していた集まりごとの時間に、目上の方が少し遅れると言ってきました。

あなたならなんと返事をしますか?「〇〇〇ございません」(〇の数は関係ありません)ちょっと考えてみてください^^

 

正解はこちら!!

正解は…「差し支えございません」になります。

差し支えは、都合の悪い事情・妨げ・支障という意味があり、「差し支えございません」は相手側の都合が悪ければ断るような配慮を含んでいるんだそうですよ。

 

スタジオではSnowMan阿部さんが、「滅相もございません」と回答していましたが、滅相は仏教用語になりこの世に存在する全ての事物が消えて無くなることから、あるはずのないさま・とんでもないさまの表現として使われるようになったようです。

ちなみにこちら一般正解率が30%の問題でした♪

 

ちょっと気をつけたい言葉づかいとは!?/主婦の会話編②

Pexels / Pixabay

次も主婦の会話編です。これが最後の問題です。

~主婦の会話編②~

目上の方との会話で中で…あなたが依頼されたことを忘れてしまった場合のケースです。

「その話、忘れておりました」の「忘れて」の部分を丁寧に言うとどうなるでしょうか?こちらもちょっと考えてみてください^^

 

正解はこちら!!

正解は…「失念しておりました」になります。

「~いました」ではなく、「~おりました」にすることで、より謝罪や誠意の気持ちを表現できるようです!

これも覚えておきたいですよね^^

こちらは一般正解率25%の問題でした。

 

ちょっと気をつけたい言葉づかいとは!?まとめ

テレビ朝日で6月8日放送のバラエティ番組『じゃぱにぃ寺』で日常生活にありがちなちょっと気をつけたい言葉づかいを取り上げていたので、まとめました。

この言い方知ってる!という言葉づかいも、いざっていうときにサラっと使えたら素敵だなと思いました!

■関連リンク

じゃぱにぃ寺・結婚式のお呼ばれで式場での正しい受付方法は?テレビ朝日6月8日