ザブングル闇営業で復帰までのボランティア先はどこ?ギャラの金額が判明!?

ザブングル闇営業で復帰までのボランティア先はどこ?ギャラの金額が判明!?ワタナベエンターテインメントに所属するお笑い芸人ザブングルの2人が闇営業パーティに参加したとして、6月24日謹慎処分になりましたが、復帰までの期間はボランティアで社会貢献活動をすると話題になっています。ボランティア先はどこなのかや、闇営業のギャラの金額も判明!?調査しました。

 

ザブングル闇営業で復帰までのボランティア先はどこ?

2019年7月1日にザブングルの2人の謹慎処分は8月末までとの報道がありましたが、背景には何があったのでしょうか。

ワタナベエンターテインメントは1日、詐欺グループの忘年会での闇営業が発覚したお笑いコンビ「ザブングル」の松尾陽介(42)と加藤歩(44)について、受領したギャラの額など聞き取り調査の詳細や今後の対策を初めて明らかにした。

先月6日の問題発覚当初の聞き取り調査で、金銭を受け取ったことを申告したため、同社もすぐに発表する予定だったという。

 同24日に発表が遅れたことについては「本件に関係する他のタレント及びその所属事務所より金銭の授受がない旨の発表があったことから」と説明。そのため再度、事実関係を慎重に確認したという。吉本興業は同7日、闇営業に関わった雨上がり決死隊の宮迫博之(49)ら芸人11人が「ギャラは受け取っていない」と主張していると発表していた。

 ザブングルの謹慎期間を8月末までとしたのは、2人が社会貢献を行うことを申し出たことなどを考慮した。今後、ほかの芸人についての判断にも影響を与えるとみられるが、宮迫やロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)は吉本興業や先輩芸人に虚偽の報告をしていたことが世間で問題視されていることから、謹慎期間は長期に及ぶ可能性が高い。

 ザブングルは約2カ月の謹慎中、ボランティアに取り組む意向。現在、ボランティア先を探しているという。闇営業のギャラは税理士を通じて修正申告を済ませた。受け取った計15万円を返金するために、どの団体に支払うべきか警察関係者らを交えて協議している。

出典元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00000074-spnannex-entより一部抜粋

 

2019年6月6日に問題が発覚した当初の聞き取りで、ザブングルはすぐに金銭を受け取っていたことを申告していたというのです。

そのため、所属事務所のワタナベエンターテインメントは、ザブングルが謹慎期間中はボランティア先を見つけて活動するなどの社会貢献活動を行い、今回の件を反省したいとの申し出があったことから現在ボランティア先を探しているそう。

当初既に40件以上の問い合わせが入っているそうで、主な団体は介護施設や子供と触れ合う場所などから申し出があるそうです。この中から決まりそうですが、と書いていました。

【追記】7月4日にワタナベエンターテインメントが発表した内容によると、熊本県内の介護施設に7月7日から約1か月程勤務し、介護資格がなくても可能な範囲内で介護ヘルパーのサポートなどを行う予定ということです。

 

以上のことから、謹慎期間を2019年8月末までとすると決定したようですが、社会貢献活動(ボランティア)=反省と捉えている方もいるようなので、そうならないような反省と活動内容にしてほしいなと思います。

スリムクラブの闇営業先は稲川会でパーティ写真あり!無期限謹慎で引退!?

カラテカ入江が詐欺集団との飲み会を仲介!?参加した吉本芸人は誰?(動画あり)

 

ザブングル闇営業のギャラの金額が判明!?


ザブングルは闇営業に参加したことでいくら程のギャラを受け取っていたのでしょうか。

闇営業パーティに参加したことが発覚した当初は、お金はもらっていないなどと発言する芸人が多かったのですが、なんと吉本興業の宮迫博之さんらから口止めされていたの内容が明らかになっています。

 

闇営業を仲介した入江慎也氏からザブングルの2人は一人7万5000円ずつ、合計で15万円のギャラを受け取っていたことが分かりました。

この金額に関して既に修正申告して、しかるべき団体に支払うように使われるということですが、詐欺グループが搾取したお金でもあると思うので、被害者の方の気持ちを考えるとしかるべき団体とされるところは、誰かの役に立つような使われ方になってほしいと切に願います。

吉本興業が闇営業芸人を謹慎処分で期間どれくらいで影響は!?本人コメントも!

 

ネットの声

 

まとめ

2019年7月1日にワタナベエンターテインメントに所属するお笑い芸人ザブングルの2人の謹慎期間が8月末までと決定したことの背景や、復帰までの期間はボランティアで社会貢献活動をすることなどが明らかになったため、ボランティア先はどこなのかや、闇営業のギャラの金額などについて調査しました。

 

ネットの声は様々ですが、謹慎期間中に深く反省し社会貢献活動という言葉に恥じないような活動をしてほしいなと思います。