阪神ファンは子供を投げるつもりはなかった!?動画の真相や理由その後を調査!

阪神ファンは子供を投げるつもりはなかった!?動画の真相や理由その後を調査!2019年7月2日に起こなわれたDeNA対阪神の試合中に、阪神ファンが自分の子供を横浜ファンに投げた動画が撮影されネットで拡散、すでに100万回以上もの回数が再生され問題となっています。本当は子供を投げるつもりはなかった!?動画の真相や理由を調査しました。

 

阪神ファンが子供投げる動画が炎上

子供を投げたとする問題の動画▼

警備員に退席を促されても、周りで観戦している方に何か言っているようにも見えます。

その直後に子供を投げつけています。

すぐに抱きかかえられて、再度警備員に促され退席したようですが、これは酷いですね。

 

阪神ファンの男性が子供を投げた理由は?

なぜ子供を投げてしまったのでしょうか。

2019年7月2日に行われたDeNA対阪神の試合では、阪神がDeNAに負け、さらに阪神は4試合連続で負け、これらに加えてクライマックスシリーズに出場することのできる3位から順位が4位に転落したことなどが理由とされているようです。

それでも子供を巻き込むなんてよくないですよね。

 

阪神ファン実は子供を投げるつもりはなかった真相は!?

動画が拡散されたことで相当な問題になっていますが、実は投げつけるつもりがなかったのでは?との噂もあるようです。

この問題の動画は7月4日放送の『グッディ』で取り上げれていました。そこで本当は子供を投げるつもりはなかったのでは?との見解が出ています。

球場は多くのファンでにぎわっており、角度によっては人影で見えなかった部分があるようですが、球場警備員に退席を促された際に、横席辺りに座っていたと見られる横浜ファンから、子供を抱えた阪神ファンは何か言われたそうなのです。

そのことに腹を立てた今回問題になっている阪神ファンが、右腕に抱えていた子供の足を使って横浜ファンを小突こうとして、結果投げたようになってしまったのではということなのですが、本当のところはどうなのでしょうか。

 

子供を投げた阪神ファンの男性のその後

この阪神ファンの男性は、トラブルの後に警察に引き渡されて現在捜査が行われているということです。

また、神奈川県警はこの動画の存在を把握しており、子供への暴行があったのか調べているそうです。

 

どんな罪に問われる可能性がある?

もし罪に問われる可能性があれば、どんな罪になるのでしょうか。

怪我をしていなくても相手男性や子供への暴行罪にあたる可能性があるそうで、もし暴行罪だったとすれば2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金。または拘留もしくは科料にあたるそうです。

 

ネットの声

 

まとめ

2019年7月2日に起こなわれたDeNA対阪神の試合中に、阪神ファンが自分の子供を横浜ファンに投げた動画が撮影されネットで拡散、すでに100万回以上もの回数が再生され問題となっていたので、投げた理由や本当は子供を投げるつもりはなかった!?などの真相を調査しました。

巻き込まれた子供が一番かわいそうですよね。

これがトラウマにならなければいいのですが。