宮迫博之と亮が吉本興業社長からパワハラ圧力!?テレビ局は株主だから大丈夫の理由?

宮迫博之と亮が吉本興業社長からパワハラ圧力!?テレビ局は株主だから大丈夫の理由?2019年7月20日午後3時より宮迫博之と亮による会見がネット中継で始まりました。これまでなぜ会見ができなかったのかなどの経緯やテレビ局は株主だから大丈夫の理由は何?会見を実際にネット中継で見ていたのでそのときの様子をまとめました。

 

宮迫博之と亮が吉本興業社長からパワハラ圧力!?

2019年6月24日全員が会社に呼び出され、謹慎処分になったそうです。

「会見開かなくていい?」と尋ねるも、吉本興業は会見を開かせないと言ったのだとか。

亮さんが、やめてでも会見したいと言ったところ、宮迫さんらと部屋に残され、「会見してもいいけどしたら全員クビにすると言われた。」この話を録音していないかも聞かれたそうです。

岡本社長に再度謝罪会見を依頼すると「謝罪会見をさせてやるが、期間はこちらで設定する。」こちらの権限だと言われた。宮迫さんは「会社のために早期にやるべき」と訴えたが、期間はこちらで決めるの一点張りだった。

「後輩は早期に復帰できるように」と働きかけいたことには「分かった」と言われたそうですが、最近立場を利用したパワハラ発言多いように思います。

ネット上では、他にも吉本興業に謝罪会見を開いてほしいという声がありましたが、開かれる日は来るのでしょうか。
 

 

宮迫博之と亮はなぜ弁護士をつけた?

宮迫博之さんと亮さんはなぜ弁護士を付けたのでしょうか。

期間を定めない社長の雰囲気を見てうやむやにするなと思い、宮迫さんと亮さんは自分たちに弁護士を付けて会見をすることをできるようらしいのです。

不信感から弁護士を付けた感じがしますね。

 

7月20日の会見を開くにあたっては、2日前に宮迫さんと亮さんの引退会見か、契約解除のどちらかを選んでくださいという書面が吉本興業から送られてきたんだとか。

岡本社長と直接話すには、弁護士を一旦解除しなければならなかったため自分たちについている弁護士を一旦解除後、岡本社長と直談判する予定だったが、来たのは相手の弁護士2人だけだったそうです。

すぐに会見を開かせてもらえなかったりしたことが、やはり不信感につながり弁護士契約に繋がったとみられますね。

 

今回会見を開いたのはなぜ?

前述したものの続きになりますが、今回会見を開いたことに大きな理由がありそうです。

宮迫さんは会見で全ての責任を負いたいと相手弁護士に伝えたところ、「記者会見をするなら明日(7月19日)の12時に来て欲しい。こちらで考えたQAを言ってもらいます」という話になったんだとか。

もし引退会見をするなら、2時間後に戻ってきてほしいと言われたが、戻らなかったそうです。

これが、スポーツ紙で言われていた会見の打ち合わせに来なかったという宮迫博之さんの真相のようですね。

記者会見でQAが用意されたとなると、話たいことも話せないようにも思えます。

宮迫博之のフライデー福岡金塊犯写真の真相は?一緒に飲んだのは本当は誰!?

宮迫博之の福岡金塊強盗犯と写真画像判明!吉本興業会見行わない理由は?

 

亮さんは、「ラジオでもテレビでも嘘をついていたことが辛くて、嘘をついたことを擁護してくれる人に申し訳なかった。」と語っています。

2人が弁護士をつけたことが吉本興業は残念がっているとの記者からの質問に対しては、「でも、本当にファミリーだと思っているんなら、僕は子供。子供が悪いことをしたのなら、親は背中を押してくる存在じゃないかと思っていた。会見をしたいことを伝えても吉本興業が認めなかった。」というような話をし、だから、今回手作りで会見を開くことになったことを語っています。

ここからとにかく迷惑をかけた方や日頃から応援してくれる方に謝りたいという気持ちがとても強く伝わってきました。

 

テレビ局は株主だから大丈夫の理由?

岡本社長から「在京5社・在阪5社のテレビ局は 吉本の株主だから大丈夫」と言われたこともあり、不安になったりしたことが不信感につながったと亮さんは語っていました。

これは吉本興業がテレビ局と繋がっていることが、よく分かる内容なのかなと思いました。

宮迫博之さんや、亮さんの謝りたい気持ちに反して、テレビ局と繋がっているから、謝罪会見をしなくても大丈夫ということが理由なのかなというふうに受け取ったのですが、本当のところはどうなのでしょうか。

岡本昭彦(吉本興業社長)の顔画像と経歴学歴は?結婚して妻や子供はいるのかも調査!

ネット上での意見

真実を話してくれてよかったという声が多くありました。

これから吉本興業が会見を開くのか、このまま沈黙を続けるのかが気になるところです。