星の王子さまミュージアムへのアクセスや駐車場と感想は?持ち物は何が必要?

星の王子さまミュージアムへのアクセスや駐車場と感想は?持ち物は何が必要?

以前から口コミを見て気になっていたのですが、ついに行くことができたため星の王子さまミュージアムへのアクセスや駐車場と、口コミ感想、持ち物は何が必要なのかを書いていきます。

料金については2019年7月末の情報であることを予めご了承ください。

 

星の王子さまミュージアムへのアクセスや駐車場と営業時間は?

アクセスは駐車場は?

星の王子さまミュージアムにはバスで行ったのですが、途中まで電車で行き箱根登山鉄道の強羅駅で下車しました。

この強羅駅からすぐ近くにバス停があり、こちらからバスが出ているので、星の王子さまミュージアムまではバスで行くことが可能です。

強羅駅からはバスで約30~40分くらいだったかと思います。

強羅駅で電車から下車するときはSuicaカードの使用はできませんでしたが、バスに乗る際の支払い方法は、Suicaカードも使用できました。

「川向・星の王子さまミュージアム前」というバス停で降りると、すぐ目の前は「星の王子さまミュージアム」です。

 

その他の星の王子さまミュージアムへのアクセス方法

・バス:小田原駅から箱根登山バス「桃源台行き」約50分

・車:東名高速御殿場ICから約20分

 

住所:〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町千石原909

 

車で行く場合には、星の王子さまミュージアムの敷地内に駐車場があるのでこちらに止めることができます。

駐車料金は、平日が無料、土日祝は300円との記載がありましたが、もしかしたら平日でも夏休みや春休みなどの繁忙期には駐車料金が掛かる可能性があります。

 

営業時間は?

営業時間

営業時間:9時~18時(最終入園時間:17時)

休園日:第2水曜日(3月・8月は除く、また臨時休園あり)

レストラン:11時~18時(ラストオーダー・17時30分、フードメニュー11時30分~17時ラストオーダー)

注文内容によっては、ラストオーダーが早いようなのでご注意ください。

星の王子さまミュージアムのチケットはどこで買える?

星の王子さまミュージアムの館内でもチケットは販売されているので、ミュージアムに到着してから買うこともできます。

前日から行くことが決まっていて、強羅駅で前売り券の販売があったので事前購入しました。

高校生以上の入館料は1,600円でしたが、2019年7月下旬頃に行った際に強羅駅で前日に購入したところ100円か200円引きで購入することができました。少しでもお得に購入した場合にはおすすめです。

 

入場料(割引なし)

・大人:1,600円

・シニア(65歳以上):1,100円

・小中学生:700円

 

訪れたときは日曜日の昼間でしたが、星の王子さまミュージアム自体はそこまで混んではいなかったので、現地でチケットを購入している人が待っているという感じはなかったです。

前売り券を購入した際は、なくさないようにご注意ください。

星の王子さまミュージアムの感想は?

入口からとてもかわいい雰囲気が出ていたので、期待しながら中へと進みます。

チケットを見せてエントランスで入場手続きを済ませると、すぐに庭に出ることができます。

入園時にパンフレットを頂けるのですが、こちらのパンフレットに園内にあるスタンプを押すことでスタンプラリーを楽しむこともできるので、見学しながらスタンプを集めていくことも楽しいですよ!

 

出会いの庭アジサイの小径

一番最初は「出会いの庭アジサイの小径」でした。

7月の終わりだったこともありアジサイはあまり見ることができませんでしたが、他の花が咲いていてきれいでしたね!

7月の下旬でとても暑かったので、アジサイはもう少し早い時期に行くと見ることができるかもしれません^^

上の写真、中央奥の黒い門をくぐると次はローズガーデンです。

 

ローズガーデン

ここは予想以上に広くて驚きました!

こちらはフォトスポットにもなっているようで、入り口でもらえるパンフレットにカメラマークがついていました。パンフレットにあるカメラマークは、フォトスポットになっているようなので、チェックしてみてください。

こちらも季節柄なのか、あまりバラは見られませんでしたが広い庭にテンションがあがります!

天気が良く晴れていたので、より楽しめました。

 

王様通り・実業屋通り

ローズガーデンを出てさらに進んでいくと「王様通り」と呼ばれるおしゃれなアンティーク調の建物が続きます。

ガラス張りになっている建物もあるので、窓際に置いてある小物が見えて可愛いですね♪

 

王さま通りを通り抜けると、星の王子さまに登場するキャラクターたちが飾られたオブジェが飾られています。

こちらは「実業屋通り」という名前がついていて、少しですがベンチも置いてあるのでちょっと休憩したいときには座れますし、こちらもフォトスポットになっているので、写真好きな方にはおすすめです^^

 

サン=テグジュペリ協会

この「サン=テグジュペリ協会」ですが、写真の下の方で切れて写っていないところがフォトスポットになっています。

協会内に入ったときは、かなりたくさんの方が並んでいたので、バラの花などが飾ってある部分(上の写真で写っていない画像下)は写真を撮ることが出来なかったのですが、人気のフォトスポットみたいですね!

また、スマホを立てかけることができるスタンドのようなものが置いてあるので、タイマーをセットすれば2人数でも簡単に写真を撮ることができていました♪

 

※このフォトスポットは、開園20周年を機に復活しているそうなので、期間限定かもしれません

 

展示・映像ホール

こちらでは、2階建ての展示・映像ホールがあります。星の王子さまの著者であるアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ氏に関しての生涯にわたってを学習することができます。

ホール内は写真や文章、再現した展示品などが多数あります。

こちらに関しては、展示ホールの入り口付近以外は「撮影禁止」の注意書きがありました。

 

入口の写真は以下のような雰囲気です▼

この後どんな展示がされているのか楽しみになる内装ですね!

 

サン=モーリス・ド・レマンス城 パルク・デュ・プチ・プランス

展示・映像ホールの見学が終わり外に出て少し歩くと「サン=モーリス・ド・レマンス城パルク・デュ・プチ・プランス」という名前がついてとっても広い庭があります。

こちらもフォトスポットになっているので、写真を撮るにはとてもいい景色だと思います♪

 

この庭の横にレストラン「ル・プチ・プランス」と、お土産屋の「ミュージアムショップ5億の鈴」があります。

星の王子さまミュージアムのお土産は何がある?

館内をすべて見終わり、再びエントランスの方に戻ってくると出口付近には、お土産を販売している「ミュージアムショップ5億の鈴」があります。

 

こちらではさまざまなお土産を扱っており、どれも可愛いので目移りしてしまうくらい多くの物が揃っています。

記憶を頼りに一部紹介させていただきます☆

  • ハンカチ
  • マグカップ
  • ピアスorネックレスなどのアクセサリー類
  • チャームホルダー
  • ボールペン
  • タブレット(お菓子)

 

など、本当に種類が豊富で、店内も賑わっていました。季節によって追加されるお土産もあるようですよ!

星の王子さまミュージアムで必要な持ち物は?

夏に行ったので持ち物は夏がメインになるかもしれませんが、あれば便利かもというものを書かせていただきます。

あると便利そうな持ち物
  • 日傘(雨の日であれば傘)
  • ハンカチ
  • 日焼け止め
  • カメラ

特に夏場に必要そうな持ち物は以上かと思います。

建物内の見学もありますが、園内は庭も見どころなので雨の日や日差しが強く日焼けが気になる方は、傘や日傘・日焼け止めがあってもいいのかなと思いました。

また、冬などの寒い季節に行く場合には、庭は寒そうなので暖かい服装で行かれたほうがいいかと思います。

星の王子さまミュージアム まとめ

以前から気になっていたのですが、行くことが出来たためアクセスや駐車場、見どころや必要そうな持ち物をまとめました。

建物内以外にも庭も見どころなので、どちらかというと晴れている日のほうが楽しめるのではないかなと思います。

写真を撮ることが好きな方は、入園時にもらえるパンフレットに記載されたフォトスポットのカメラマークに注意しながら進んでみてください^^