【日本人の3割しか知らないこと】木綿・絹ごし豆腐の違いって何?食べ方についても!

【日本人の3割しか知らないこと】木綿・絹ごし豆腐の違いって何?食べ方についても!2019年9月5日放送の『日本人の3割しか知らないこと』では、木綿・絹ごし豆腐の違いって何か分かりますか?豆腐は冷蔵庫から出してすぐには食べない方がいいって本当なのでしょうか。また、関東の一丁と沖縄の一丁が違うって何なのでしょうか!?気になる点をまとめました。

 

【日本人の3割しか知らないこと】木綿・絹ごし豆腐の違いって何?

豆腐について教えてくれるのは、「豆腐工房ゆう」(東京・青梅市)の大久保裕史社長です。

こちらの豆腐屋さんは、開店してから1年半で全国豆腐品評会で金賞を受賞しています。

 

豆腐の木綿と絹ごしの違いって何でしょうか?

豆腐屋さんの説明によると、絞る布の違いではないということです。

 

木綿豆腐は、一度固まった豆腐をすくって箱に入れてプレスして完成させるんだそうです。

絹ごし豆腐は、箱の中で固めてそのままカットして完成だそうです。

そのため、木綿の方が味が濃いそうです。

【日本人の3割しか知らないこと】関東の一丁と沖縄の一丁が違うって何?

豆腐一丁というと、関東では一丁約300gだそうですが、沖縄の豆腐は3丁分を一丁というようで約1kgもあるそうです。

なぜ、こんなにも違うのでしょうか。

沖縄ではいろんな料理に使うため量が増えたとの説があるそうです。

【日本人の3割しか知らないこと】豆腐の選び方は?

豆腐を選ぶときは、色を見ると材料にこだわっているかが分かるそうですが、少し緑がかったものと白っぽいほうだとどう違うのでしょうか。

 

こちらは緑がかったの方がいいとのことですが、これは天然の大豆の証拠だそうです。

そのため、白っぽいものよりかは、緑っぽいものの方がいいそうですよ。

 

また、パックに入っている豆腐の選び方はどこを見ればいいのでしょうか。

こちらは、豆腐のパックと豆腐の間に隙間がないものの方が、おすすめなんだとか。その理由として、人の手で詰めているものの方が水が少ないそうですよ。

【日本人の3割しか知らないこと】豆腐の保存方法は?

豆腐は水に入って売っていますが、保存するときは水をきったほうがいいそうです。

 

なぜ保存するときは、水をきったほうがいいのでしょうか。

開封してから水が入ったまま保存すると、豆腐のうま味や栄養が水の中に逃げてしまうんだとか。

 

パックの中に入っているときに、水がに入っているのは、以下の理由です。

  • 豆腐の酸化防止の役割。
  • 豆腐が崩れないようにするため。

 

なので、保存するときは、水をきってパックのまま保存するときはさらにビニール袋で包むといいそうですよ。

【日本人の3割しか知らないこと】豆腐は冷蔵庫から出してすぐには食べない方がいい?

豆腐は冷蔵庫から出してすぐに食べる方が多いと思うのですが、豆腐専門店の大久保さんによると冷蔵庫から出してすぐに食べるよりかも、20分ほど置いてから食べたほうがおいしいとのことです。

豆腐は冷たいほうが好きなので、すぐに食べがちでしたが違うんですね。

 

では、なぜ20分程置くといいのでしょうか。

約17℃で大豆の油分が溶け出すため、甘さが出るとのことです。

 

試してみたいですよね^^

【日本人の3割しか知らないこと】柔軟剤,洗剤,洗濯ネットの正しい使い方って何?

【日本人の3割しか知らないこと】本みりんとみりん風調味料の違いは?使い方も!

【日本人の3割しか知らないこと】天ぷらを揚げるときゴマ油を入れる?アイスと相性がいい?