【世界一受けたい授業】セサミストリートのキャラに隠されたメッセージって何?

【世界一受けたい授業】セサミストリートのキャラに隠されたメッセージって何?2019年9月7日放送の『世界一受けたい授業』では、セサミストリートのキャラに隠されたメッセージについて紹介されるそうです。子供の頃に見た記憶がありますが、キャラに隠されたメッセージがあるというのは気になりますね。今回はこちらについてご紹介します。

 

【世界一受けたい授業】セサミストリートのキャラに隠されたメッセージって何?

セサミストリートはアメリカで誕生しました。「子供たちに新しい扉を開けてあげたい」との意味が込められているそうですよ。

 

セサミストリートは今年で50周年ということですが、キャラクターに隠されたメッセージとは何なのでしょうか。

キャラクターも国籍・民族など多様性を表現しているそうです。

 

たしかにセサミストリートには、いろんなキャラクターが出てきますよね。

 

アレックス

アメリカでは当時、28人に1人の親が刑務所にいるという現実があったそうです。そのときにキャラクターとして登場した「アレックス」をみんなで励まします。

そういった子供の気持ちを理解するために「アレックス」というキャラクターが生まれそうです。

画像では真ん中のキャラクターが「アレックス」です。

 

チャムキ

また、インド版のセサミストリートでは「チャムキ」という活発なインドの女の子が登場します。

「チャムキ」は、勉強が大好きな女の子として登場し、好奇心旺盛な性格で女性差別立ち向かうキャラクターを生み出しています。

 

国や地域に合わせてキャラクターを作っていることも人気の1つなんだなということを感じました。

 

野菜嫌いな子供には?

他にも、セサミストリートは「野菜嫌いな子供」をなくすためにあることをしたそうですが、一体なんなのでしょうか。

 

音楽の「ラップ」に合わせて野菜の大切さを教えたそうです。

例えば、「ニンジンにはおいしくて栄養がたくさん入っていて、目にもいい」といった感じらしいです。

楽しく教えてもらうと、キャラクターの〇〇が食べているからと子供も野菜を食べてくれそうですよね!

【世界一受けたい授業】セサミストリートのエミー賞受賞回数は?

このエミー賞とは、テレビ界のアカデミー賞のようなものようなのですが、セサミストリートはこれまでに「エミー賞」を何度受賞したことがあるのでしょうか。

 

セサミストリートは、2019年で50周年になるということなので、番組が出来てから1年後に評価されて49回くらい受賞したのかな?とも思ったのですが、なんと192回も受賞しているとのことです。

この回数は、テレビ界でも最多のようですよ。

【世界一受けたい授業】セサミストリートがコラボした有名人は誰?

海外のものなので、海外の有名人が多いのですが、

サッカー元イングランド代表のデビットベッカム氏や、ヒュー・ジャックマン氏、ワン・ダイレクション氏などとコラボしてします。

有名人とコラボすることで、諦めないことの大切さや、やりたいことをやるという意味が込められているそうですよ。

 

そんな中、日本の有名人で唯一コラボした方がいるそうですが一体誰なのでしょうか。

なんとピコ太朗さんなんです。

ピコ太朗さんの有名な曲『PPAP』に載せてエルモやクッキーモンスターとコラボしました。

しかも、特に打ち合わせせずに撮影に臨んだそうですが、息がぴったりと合った内容に仕上がったそうですよ。

その内容がこちらです▼

 

エルモとクッキーモンスターが「CBCC」 (Cookie-Butter-Choco-Cookie)を一緒に歌っています。

【世界一受けたい授業】セサミストリートについて教えてくれたのは誰?

セサミストリートについて教えてくれたのは、誰なのでしょうか。

教えてくれるのは、セサミストリートの日本版を立ち上げたエグゼクティブプロデューサーの長岡学さんです。

 

セサミストリートにとても詳しく、スタジオに登場されたときはいろんな質問に答えていました。

 

セサミストリートは、放送される国や地域によってキャラクターにいろんな思いが込められていることが分かりました。