【バゲット】増税前の軽減税率,ポイント還元を簡単解説まとめ

【バゲット】増税前の軽減税率,ポイント還元を簡単解説,放送内容まとめ

2019年9月24日放送の情報番組『バゲット』では、増税前に知っておくといい軽減税率やポイント還元について紹介されていたため、放送されていた気になる情報をまとめました。

 

【バゲット】増税前の軽減税率の簡単解説

軽減税率とは…低所得者の負担を軽くするために、一部の生活必需品の税率を8%に据え置きます。

例・食料品、飲料(酒類以外)、新聞(定期購読している)

 

消費税8%になる商品と10%になる商品は?

みりん風調味料:アルコール分が1パーセント未満のため8%。

本みりん:アルコール分が1%以上あると酒類に該当のため10%。

エナジードリンク:特定保健食品:飲料に該当するため8%。

ドリンク剤:医薬品・医薬部外品に該当するため10%。

 

テイクアウトとイートインの違いは?

テイクアウト:8%となり、食料品。

イートイン:10%となり、外食。

 

テイクアウトとイートイン値段が変わるお店と変わらないお店は?(一例)
テイクアウト・イートイン同じ値段 テイクアウト・イートイン違う値段
マクドナルド(一部商品除く)
すき家
サイゼリヤなど
ミスタードーナツ
吉野家
ガストなど

 

ポイント

・マクドナルド:お客様にわかりやすい値段で提供したいという思いから、店内飲食の本体価格を引き下げ。

・ミスタードーナツ:テイクアウトが比較的多いため、テイクアウトのお得感を重視

それぞれのニーズに合わせて、テイクアウトとイートインの値段が違うんですね。

【バゲット】増税前のポイント還元の簡単解説

ポイント還元を受けるには、キャッシュレス化の必要があるそうです。

 

中小店でキャッシュレス決済をした場合:2%・5%のポイント還元されるんだそうです。

期間:2019年10月1日~2020年6月30日

 

例:1000円(税抜き)を購入すると、1080円(2019年9月30日まで8%)→1100円(増税後10%)→キャッシュレス決済をすると実質1045円(キャッシュレス決済5%還元の場合)になり、購入場所によってはお得になることも。

 

ポイント還元されるお店はどこ?

・資本金の額または出資の総額が5000万円以下。

・従業員数が50人以下などの条件を満たす店舗が該当。

 

・【還元なし】大型スーパー、百貨店など

・【5%還元】中小・小規模の店舗、インターネット通販

・【2%還元】コンビニ・ガソリンスタンドなど

 

対象店舗には、このCMに出てくる赤いポスターやシールが貼ってあるそうです▼

 

動画に出てくる赤いポスターや、同じデザインの小さめのシールが貼ってあるお店が目印だそうですよ。

他にも、経済産業省がポイント還元の対象になっているお店を地図上に表示するアプリを公開しているそうです。

 

キャッシュレス決済でのおすすめは?

キャッシュレス決済の中でおすすめは?
クレジットカード 電子マネー スマホ決済 デビットカード
VISA Suica PayPay SMBCデビット
Master Card PASMO Line Pay 楽天銀行デビットカード
JCB など 楽天Edy など 楽天ペイ など Sony Bank WALLETなど
後払い チャージ チャージ・後払い 即時払い

 

・Suica、PASMOはインターネットでこれらの専用ページを開き、個人情報の登録が必要だそうです。

・経済ジャーナリストの渋谷和宏氏よると、無駄遣いを防ぐにはチャージ式の電子マネー、スマホ決済がおすすめではとのことでした。

・クレジットカード、電子マネー、スマホ決済は、それぞれの会社のポイントが上乗せされるものもあるそうです。

・電子マネーやスマホ決済にクレジットカードから支払われるように紐づけておくと、クレジットカードにもポイント加算されるそうです。

 

その中でも、スマホ決済は、多くのお店が採用し始めていることや、サービス競争からお得な特典がついているそうですよ。

注意点

お店によって、対応しているキャッシュレス決済がバラバラ。

還元されるポイントに上限があるものもあるので注意。

【バゲット】増税前の軽減税率,ポイント還元を簡単解説

今回、増税前の軽減税率やポイント還元に関して、教えてくれたのは経済ジャーナリストの渋谷和宏氏でした。

 

番組を見て気になる情報をまとめましたが、わかりづらい部分があった場合にはご了承ください。