アイルランド負けているのにラグビー試合終了させた理由は?勝ち点を取りに?

アイルランド負けているのにラグビー試合終了させた理由は?勝ち点を取りに?

2019年9月28日にラグビーワールドカップ・アイルランド×日本の試合が行われました。その試合でアイルランドがタッチラインにボールを蹴り出し試合終了させたことが話題となっているようです。

なぜ、アイルランドは、試合終了させたのでしょうか?以下ではこちらについてまとめました。

 

アイルランド対日本戦の試合結果は?

2019年9月28日に行われたラグビー・ワールドカップ日本大会1次リーグA組でアイルランド×日本の試合が行われました。

試合結果は、優勝候補とされていて世界ランキング2位のアイルランドを19-12で破り日本が勝利をしています。

この試合で、アイルランドは負けていたのですが後半40分過ぎにタッチラインに蹴り出し試合終了させた?と話題になっています。

 

タッチキックとは?

ボールをタッチ(サイド)ラインの外に蹴り出すプレーを指します。

アイルランド負けているのにラグビー試合終了させた理由は?勝ち点を取りに?

アイルランドが試合を終了させるつもりはなかったかもしれませんが、勝ち点1を取りにいったのではという解説が流れていたんだとか▼

1次リーグの勝ち点ルールが影響しているそうで、負けたとしても相手チームとの得点差が7点以内の場合には、勝ち点1をもらうことができるという仕組みがあるため、これを狙ったのではと言われているようです。

 

負けている状態でも、アイルランドは世界ランキング2位という強豪国ですので十分に逆転もしくは引き分けの可能性があったかもしれません。

ですが、それでも7点差以内に収めれば、勝ち点1がもらえるというこもあり確実性を狙った可能性があるという見方があるようですね。

引き分けの場合だと勝ち点2を日本と分け合うので、点差が8点以上に開かないうちに確実性をとったという見方が強くなっているんだなと思います。

 

それでも後半まで試合を続けたわけですし、本当にアイルランドが試合終了させたとしたらルールがある以上はこういう終わらせ方も戦略の1つですよね!

アイルランド負けているのにラグビー試合終了させた理由は?勝ち点を取りに?まとめ

アイルランドが試合を後半で終了させた?と話題になっていたので、なぜ試合を終了させたのかが気になり調べてみました。

もしかしたら、ミスだったのかも?という見方もあるようですが、7点差以内に収めるという一次リーグのルールにのったものかなと思えました。

戦略を駆使して勝ち点1を取りにいくというのも戦い方としてはありなのではと思います。