冷凍するとおいしい食材は何?凍らせるときのポイントはある?

冷凍するとおいしい食材は何?凍らせるときのポイントはある?

冷凍することでより一層おいしくなる食品があるとのことですが、どんなものなのでしょうか。他にも、魚や野菜を冷凍する際のポイントなどが紹介されていたため、以下ではこちらもまとめています。

今回は冷凍生活アドバイザーの西川剛史さんがテレビで紹介していた内容をまとめました。元冷凍食品メーカーの開発者の方だそうですよ!

 

冷凍するとおいしい食材は何?

冷凍することでより一層おいしくなり、うま味が増す食材があるそうですが何なのでしょうか。以下では食材の紹介とその冷凍方法、使用例をまとめています。

 

キノコ類

キノコ類は冷凍することで、うま味成分のグアニル酸が増加するとのことです。

テレビではぶなしめじを丸ごと冷凍していたように見えましたが、石づきの部分が気になるそうであればこちらはカットしてから冷凍しても良さそうだなと思いました。

また、冷凍したキノコは炊き込みご飯の具としても使えるとのため使い切れなかったときは早めに冷凍するのもありですよね!

 

シジミ

シジミは冷凍すると、オルニチンという栄養成分が増えるとのことです。さらに解凍することでうま味が出やすくなるそうです。

シジミを冷凍する場合には、パックのトレイから出して保存用タッパーに入れたら上から水道水をシジミが隠れるくらいまで入れて蓋をして冷凍するといいそうですよ^^

これは乾燥などを防ぎ、おいしい状態を維持できるとのことでした。

使い方は、凍った状態のまま鍋に入れて、お味噌汁を作ってもおいしく食べることができるそうです。

 

今回はあくまでもシジミが例にあがっていたので、他の貝類は紹介されていませんでした。

魚を冷凍するときに水っぽくなることを防ぐには?

冷凍した魚を切り身を解凍すると水っぽくなった経験はないでしょうか。

これを防ぐには、冷凍する前の魚の切り身に少しだけ塩をまぶすといいそうです。冷凍する前に魚に塩をまぶすことで浸透圧により、余計な水分が出てくるんだとか。

 

【方法】

  1. 魚の切り身の両面にパラパラっと塩をふるといいそうです。
  2. 30分くらい置いてから冷凍すると、余計な水分が出ているのでこれを抜いてからラップで冷凍すると、解凍したときに水戻りが減るそうです。

 

ひと手間かけることで、水ぽっさが減らせることは嬉しいですよね!

野菜は〇〇してから冷凍したほうがいいのはなぜ?

野菜は冷凍前に軽く下茹ですること野菜の組織を柔らかくできるそうです。さらに野菜に含まれる酵素の働きを止めて鮮度を保つ効果があるんだそうですよ。

番組ではブロッコリーが紹介されていましたが、茹で時間が紹介されていませんでした。軽く下茹でをするとのため、さっと茹でれば問題ないのかなと思います。

 

 

他に紹介された野菜では小松菜がありました。

こちらは洗ったら茹でずに一口サイズ(おひたしで食べるくらいのサイズ)に切りジップロックの袋に入れて冷凍します。その後、だし汁をかけて解凍することで、そのままおひたしとして食べることもできるんだそうです。

とっても簡単で栄養素が損なわれないためいいですよね^^

冷凍するとおいしい食材は何?凍らせるときのポイントはある? まとめ

冷凍するとより一層おいしくなる食材は、きのこ類とシジミでした。

他にも魚の切り身に塩をまぶすことで、解凍したときに水が出ずらいことや、冷凍する前に野菜を下茹でする、もしくは茹でずに冷凍する方法が紹介されていたためまとめました

小松菜は簡単に出来そうなので真似してみたいですね!