名取燎太(東海大)出身中学と高校はどこ?過去の経歴や性格は?

東海大学の名取燎太(なとり りょうた)選手が2019年11月3日に行われた全日本大学駅伝で最終区8区の区間を2位で走り優勝に貢献しました。

実際にこのときの駅伝を見ていたのですが、ブレない走りで先を走る青山学院大に追いつくとその後は引き離しゴールしました。

箱根駅伝でも注目の選手となっている東海大学の名取燎太選手の出身中学と高校、性格や過去の経歴をまとめました。

名取燎太(東海大)の出身中学と高校はどこ?

 

現在は東海大学に在学中の名取燎太選手ですが、出身は長野県です。

中学校は、富士見町立富士見中学校とされています。こちらは長野県の諏訪市にあります。

 

その後、長野県内にある佐久長聖高校に進学しました。こちらの高校は、甲子園などに野球部が出場することも多くスポーツで有名な高校でもあります。

高校時代の名取燎太選手の成績などに関しては、次の項目で後述していきます。

名取燎太(東海大)の過去の経歴は?

では、名取燎太選手の過去の経歴を見ていきましょう。

まず高校時代の成績ですが、3年連続で全国高校駅伝に出場し高校3年時には1区の区間賞を受賞、全国都道府県対抗男子駅伝競走大会では5区で区間賞を受賞しています。

 

2019年11月に行われた全日本大学駅伝では、最終区の8区を2位で走り切りMVPを受賞しています。このことに関しては、名取燎太選手自身もまさか名前を呼ばれるとは思っておらずびっくりしたそうです。

チーム一丸となってゴールに向かって、優勝しさらにはMVPを獲得されたので喜びもひとしおだったのではないでしょうか。

 

名取燎太の自己ベストは?

2016年:5000m・13分52秒61

2017年:10000m・29分26秒60

2019年:ハーフ・1時間03分04秒

などと様々な記録を持っています。

 

過去には怪我で苦しんだことも

これまでの経歴を見ると、とても華々しく常にエースとして活躍していたのかと思いきや東海大学入学後の1、2年生のときは怪我で苦しんでいた時期もあります。

ですが、2018年の秋から東海大学の両角速(もろずみ はやし)監督と別メニューで練習をし調整を重ねてきたそうです。例えば、長距離を監督と一緒に走ったり、とにかく継続して練習を積み重ねることで怪我をし辛いようにしてきたそうです。

長期計画で箱根駅伝に照準を合わせてきたそうですが、日々の積み重ねによる地道な努力を続けられるという忍耐力が本当にすごいですよね!

 

2018年度(2019年)の箱根駅伝では、タイムを計測したりチームメイトに吸水ができるようにサポートしていたそうですが、2019年度(2020年)の箱根駅伝には恐らく出場するものと思われるので名取燎太選手の走りに期待したいです。

名取燎太(東海大)の性格は?

ところで、名取燎太選手の性格はどんなタイプなのでしょうか。

本人が自覚している性格では、人見知り、時間にルーズというところがあるらしいのですが、マラソンでは全くそれを感じさせないしっかりとした走りがすごいですよね!

本人は、努力だとは思っていないのかもしれませんが、怪我で大会に出られないときも諦めずに練習や仲間のサポートなどを続けてきた努力家なのではないかと思います^^

名取燎太(東海大)のプロフィールは?

名取燎太選手のプロフィールをまとめました。

名取燎太選手のプロフィール
  • 名前:名取 燎太(なとり りょうた)
  • 出身地:長野県
  • 生年月日:1998年7月21日
  • 身長:169cm
  • 体重:56Kg
  • 血液型:О型

趣味なのかは不明ですが、名取燎太選手は音楽で気分を上げているそうです。

スポーツ選手は、大会前にイヤホンをして音楽を聴いている方も多いですから、名取燎太選手ももしかしたら大会前などには音楽を聴いて気分を上げているのかもしれませんね。

名取燎太(東海大)出身中学と高校はどこ?過去の経歴や性格は?まとめ

2019年11月3日の全日本大学駅伝で最終区8区の区間を2位で走り優勝に貢献、さらにはMVPを獲得し注目を集めている東海大学の名取燎太選手の出身中学と高校、また過去の経歴や性格などをまとめました。

約1年かけて2019年度(2020年)の箱根駅伝に向けて調整してきたようなので、是非とも頑張ってほしいですね!

さらに2019年度(2020年)の箱根駅伝では東海大学が優勝すれば、2019年に次ぐ大会2連覇になるのでこちらにも注目したいと思います。