ボディミルクおすすめでプチプラ価格の商品は?クリームとの違いについても!

特に冬になると空気の乾燥以外にも、エアコンなどの暖房を使用することで肌が乾燥することもありますよね。

乾燥対策には、ボディクリームやボディクミルクを使用している方も多いのではないでしょうか。

乾燥対策として毎日使うなら、大容量でプチプラ価格のものだとさらに嬉しいですよね。以下ではドラッグストアで見つけたプチプラ価格でおすすめなボディミルクについて書いていきます。

 

ボディミルクおすすめでプチプラ価格の商品は?

寒くなり特に暖房を使うようになってから、乾燥して腕や肘、足のかさつきが気になるなぁと思ったことはありませんか。

 

ちょうど肌の乾燥が気になり出した頃にドラッグストアで見つけた「プレシャスガーデンボディミルク」(ハニーピーチの香り)をパッケージとテスターの香りに惹かれて、購入しました。

 

気になる使用感は…さらっとしていて、全身(腕や足)に伸ばしやすくべたつかないところがポイントです。

特に肘や足がカサカサしていたのですがこれを使用してから数週間くらいで、かさつきが治まりました。

 

調べたところどの香りにも含まれている成分として、オーガニックシアバター、オーガニックホホバ抽出オイル、はちみつという3種のボタニカルオイルが含まれていました。

ボタニカルって聞くとなんだか身体に良さそうって思いますよね。

また使ってみての感想ですが、匂いも強くないのでふんわりと香ります。香りの持続性は短いのでお出かけ前にサッと塗っても匂いは気にならないと思います。

個人的な使い方ですが、乾燥の気になるお風呂上りにサッと塗って使用しています。

 

今回購入したハニーピーチの香りの以外にも他4につの香りがあります。

ロマンティックローズの香り

 

リラクシングフラワーの香り

 

フェアリーベリーの香り

 

ジャパニーズゆずの香り

 

上記で紹介した「プレシャスガーデンボディミルク」ですが、200gいう大容量なのにプチプラ価格が魅力的だなと思いました。

ハンドクリームでも、メーカーによっては42gで550円、30mlで1400円くらいの値段がするものもあったりしますから、これはお得だなと思いました。

乾燥が気になるシーズンだからこそ、このお値段でたっぷり使えるのは嬉しいですね♪

ボディミルクとボディクリームの違いは?

ところで、ボディクリームとボディミルクの違いはあるのでしょうか。

前述して紹介していたものはボディミルクです。まずボディミルクについて見ていきましょう。

 

ボディミルクについて

ボディミルクはボディクリームと見た目が少し似ているけれど、ボディクリームよりも水分量が多く少量でも伸びがいいので全身に使いやすいです。しかもべたつかないところが特徴です。

使いやすさから考えると、すぐに使いたいときにはボディミルクのほうが使い勝手がよさそうですね。

 

ボディクリームについて

ボディクリームは保湿力が高いため、油分が多く特に乾燥肌の人に向いていて、種類や成分によっては伸びにくい場合があるそうなのでお風呂上りの肌にまだ水分が残っているときに塗るのがおすすめです。

ボディミルク、クリーム共にどちらもボディ用なので顔への使用は避けてください。

ボディクリームおすすめでプチプラ価格の商品は?ミルクとの違いについても! まとめ

乾燥が気になり出した頃にドラッグストアで見つけたボディミルクについて、使用しての感想などを書きました。

今回、上記で紹介したものはボディミルクですが特に感想が気になる方はボディクリームでもよさそうです。

ボディミルクの方が水分量が多いために手軽に使用できるところが良さそうだなと思いました。