金属アレルギーの方、必見!K10、K14、K18、K24の違いについて!金の量が簡単にわかる計算方法とは?

金属アレルギーの方、必見!K10、K14、K18、K24の違いについて!金の量が簡単にわかる計算方法とは?金属アレルギーだから,K〇〇という表記のものを選んだけれど…かゆくなったなんていうことはありませんか?

K10、K14、K18、K24の違いと、それぞれに含まれている金の量がわかる計算方法をお伝えします!

 

金属アレルギーの方、必見!K10、K14、K18、K24の違いについて!

※画像はイメージです。

 

金属アレルギーが原因でアクセサリーを着けると「かゆくなった」なんていう経験はありませんか?

この記事を書いている管理人は金属アレルギーなので、そういった方のお役に立てればいいなと思います。

 

K10、K14、K18、K24の違いについて!

これはそれぞれに含まれる金の量の違いです。

大体のアクセサリーですと、ネックレスやブレスレッドの留め具ピアスだとキャッチの部分指輪の内側の部分に刻印されているので、お手持ちのものがどの素材なのかを確認することができます。

ここでは、金についてみていきます。

 

K10(10金)

k10=10金と呼ばれるものですが、こちらの金の含有量は42%です。

では、残りの58%は何が使われているのかというと、銀や銅が含まれています。

 

K14(14金)

k14=14金と呼ばれるものですが、こちらの金の含有量は58%です。

残りの42%は、銀や銅(パラジウム)が含まれています。

 

K18(18金)

k18=18金と呼ばれるものですが、こちらの金の含有量は75%です。

残りの25%は、銀や銅が含まれています。

 

K24(24金・純金)

k24=24金・純金のですが、こちらの金の含有量は99.99%です。

 

同じ金でもその他の金属として含まれ金属の含有量は異なってくるのですね。

金の量が簡単にわかる計算方法とは?

上では、どの種類にどれくらいの量の金が含まれているかを書きましたが、それぞれに何パーセント含まれているか覚えておくのって大変ですよね。

実はこれは簡単な計算方法で知ることができます!

 

例えば、10金の場合

10÷24=0.41666…となり四捨五入すると0.42なので42パーセントとなります。

なので、知りたいk〇〇の数字÷24をすることで、金の量がどのくらいなのかを簡単に知ることができます。

K10、K14、K18、K24はどれがいいの?

価格・価値は?

含まれる金の量が増える程に高くなるので、

k10、k14、k18、k24と、kのあとに付く数字が大きくなるほど価格・価値は高くなります。

 

変形するの?

金は純度が高くなると少しずつ軟らかくなっていきます(強い力などが加われば変形しやすいです、といっても簡単にぐにゃぐにゃに曲がるわけではありません)。

なので、変形を気にするのであれば他の金属を混ぜ合わせた割合の多い10Kのほうが硬い素材です。

k10、k14、k18、k24と、kのあとに付く数字が小さくなるほど安価で素材もかたくなります。

 

 

 

変色するの?

日頃使っていなかったアクセサリーを久しぶりに使おうと思ったら変色していただなんて悲しいですよね。

なんだか曇ったような、錆びたように見えるような…。

でも、曇ったり、錆びたように見えるものにはある共通点がありました。

それは、持っているk10とk18を比べた場合なのですが、k18の方がしばらく使っていなくても変色しずらかったということ!

 

そこで気になったので、ちょっと調べてみたのですが、24金=純金になるほど、不純物が少ないので変色しづらいということでした!

 

なので、一般的にアクセサリーとして多く出回っているk18のほうが変色しづらいということです。

 

それでも使用後に汚れや汗などが気になる場合は、傷をつける心配のない柔らかい布などで拭きましょう!

 

金属アレルギー

おしゃれに見えそうだからアクセサリーを身に着けたい!という考えから10代後半の頃は素材をまったく気にしていなかったため、そのとき身に着けていた素材不明のネックレスが原因でこのブログを書いている管理人は金属アレルギーとなりました。

 

金属アレルギーが起こる原因をまとめたサイトがあったので一部引用しています。

アクセサリーや日用品などに使用されている金属が汗で溶けてイオン化し、皮膚のタンパク質と結合して新たなタンパク質に変性し、それを体が“異物”とみなすことによってアレルギー反応が生じます。症状は、金属が触れた部位やその周囲の赤みやかゆみなど。

出典:暮らしあと押し・https://eonet.jp/health/article/_4101809.html

金は純度の高いもののほうがアレルギーが出にくいと言われていますが、

気になる方は病院で金属アレルギーの検査を受けることができます。

まとめ

運動や、夏場、冬場でコートやマフラーなどといった防寒グッズで、アクセサリーを着けているところが汗をかきやすいときは、使用するのを避けたほうがいいかもしれません。

なので、金属アレルギーかも?とお悩みの方のお役に立てれば幸いです^^