伊藤達彦(東京国際大)進路や出身中学高校はどこ?自己ベスト記録は?

東京国際大学の4年生である伊藤達彦選手の卒業後の進路と出身中学高校、自己ベスト記録、プロフィールについてまとめました。

2019年度の走りの調子がとてもいいようなので、卒業後の進路も気になりますね♪

 

伊藤達彦(東京国際大)の進路は?

伊藤達彦選手の大学卒業の進路は、このまま競技を継続しHondaに進むことが決まっているようです。

実業団への就職となれば、実業団駅伝などに出場する機会があるでしょうし、2019年に東京国際大としては初出場となった全日本大学駅伝では、伊藤達彦選手が2区で13人抜きという走りを見せているので、今後の活躍にも期待したいです^^

2019年の全日本大学駅伝のエピソードについては、こちらの「伊藤達彦(東京国際大)の自己ベスト記録は?過去の成績は?」の項目で後述していきます。

伊藤達彦(東京国際大)の出身中学高校はどこ?

伊藤達彦選手は、静岡県出身で中学・高校共に静岡の学校に通っており中学校は浜松市立北部中学校に通っていたようです。

中学校のときは、サッカー部に在籍していたとされていて、助っ人で駅伝大会に参加したことでマラソンに興味を持ったとされています。

サッカーは長時間走りますし、ボールを追いかけると非常に速いスピードでグラウンドを駆けていきますから、きっと持久力もあり足も速かったのかなと思いました。

 

高校は、静岡県立浜松商業高等学校に通っていたとされています。

高校時代には、静岡県高校総体に出場し5000m決勝にも進んでいたようです。

高校卒業後は就職するか、専門学校に進学する予定であり、そのときに現在の東京国際大の駅伝部の大志田秀次(おおしだ しゅうじ)監督に声を掛けられたことで、大学に進学し競技を継続しているとの噂があります。

 

もしこのときに声を掛けられていなかったら現在の活躍はないかもしれないので、上記のエピソードが本当なら、伊藤達彦選手の才能を見出した大志田秀次監督と、進路を変更して駅伝を継続することを選択した伊藤達彦選手の決断が本当にすごいですね^^

伊藤達彦(東京国際大)の自己ベスト記録は?過去の成績は?

東京国際大に進学後の伊藤達彦選手の自己ベスト記録を見ていきましょう。

自己ベスト記録は?

  • 5000m:13分53秒34 (2019年)
  • 10000m:28分28秒62 (2018年)
  • ハーフ:1時間1分52 (2019年)

年々記録を更新しているところと、2019年はどんどん調子が上がってきているようなので、2019年度(2020年)の箱根駅伝でどんな走りを見せてくれるのかが楽しみです。

 

過去の成績は?

大学入学後の三大駅伝などの伊藤達彦選手の駅伝の成績も見ていきましょう。

 

2017年度(2018年)、2018年度(2019年)の箱根駅伝では、共に2区を走り15位、11位という成績でした。

 

2019年からは一気に調子をあげて、2019年3月に行われた日本学生ハーフ(日本学生ハーフマラソン選手権大会)、7月にイタリア・ナポリで行われたユニバーシアード・ハーフでは、どちらも3位でゴールしています。

以下は伊藤達彦選手の進路のところで少し触れさせていただきましたが、2019年11月に行われた全日本駅伝大会では、東京国際大が初出場ながら伊藤達彦選手は2区の区間賞を受賞しています。このときの走りは、なんと13人抜き、3区にタスキを渡した時点では1位という走りを見せています。

この走りを見た青山学院大の原晋監督が「将来、マラソン走れるね。うちの(卒業生の)田村和希の走りを見ているみたい。」とコメントされていたそうです。

他校の監督の目に留まる走りがすごいなと感じました。

ちなみに田村和希選手は、青山学院大を卒業後も競技を継続し、現在は住友電工陸上部に就職しているようです。

伊藤達彦(東京国際大)のプロフィールは?

伊藤達彦選手のプロフィールを見ていきましょう。

伊藤達彦選手のプロフィール
  • 名前:伊藤 達彦(いとう たつひこ)
  • 出身地:静岡県
  • 生年月日:1998年3月23日
  • 身長:170cm
  • 体重:53Kg
  • 血液型:A型

 

雑誌のインタビューで伊藤達彦選手は宝物を、家族、友人、チームメイツと答えていましたので、とても優しい性格なのではないかなと思いました。

伊藤達彦(東京国際大)進路や出身中学高校はどこ?自己ベスト記録は?まとめ

伊藤達彦選手の卒業後の進路や出身中学高校、自己ベスト記録、プロフィールについてまとめました。

2019年度は非常に調子がいいそうなので、2019年度(2020年)の箱根駅伝の走りにも注目したいと思います!