田澤廉(駒澤大)出身中学高校はどこ?記録や性格と弟についても!

駒澤大学の田澤廉選手は大学1年生ながら、早くも注目のランナーとなっています。こちらでは、田澤廉選手の出身中学と高校はどこなのかや、記録、性格、プロフィールと弟についてまとめました。

 

田澤廉(駒澤大)出身中学高校はどこ?

 

田澤廉選手は、青森県の出身で中学校は八戸市にある八戸市立是川中学校に通っていたとされています。

中学は公立で、 この頃は特に注目の選手というわけではなかったそうです。

 

その後高校は、青森山田高等学校に進学しています。

青森山田高等学校といえば、スポーツで有名な高校として知られており多くのスポーツ選手を排出しています。卓球の福原愛選手、水谷隼選手や、テニスの錦織圭選手などが卒業生にいます。

高校時代の田澤廉選手の記録ですが、高校に入学後はどんどんと力をつけていきました。

 

高校1年生のときには、東北高校総体で5000m決勝進出、他にも青森県高校総体に出場し1500m決勝進出と1年生のときから活躍しています。

高校2年生時には、兵庫リレーカーニバル3000mで大会新記録で優勝。高校3年生時には、インターハイ5000m7位、国体5000m6位、アジアジュニア選手権5000m2位、全国高校駅伝で1区を走り15位という記録を残しています。

高校時代にここまで活躍したのは、駒澤大学に憧れがあり高校入学時から駒澤大学へ入学したいという想いがあったからだとされています。

3年間その想いをブレずにずっと練習に励んできた田澤廉選手、本当にすごいですよね。

田澤廉(駒澤大)の記録は?

駒澤大学に入学してからの田澤廉選手の記録も見ていきましょう。

 

2019年U20では5000m日本歴代10位の13分41秒82のタイムを記録、10000mではチーム内でトップの28分13秒21のタイムを記録しており、出雲駅伝では3区を走り東洋大学の4年生でエースの相澤晃選手に8秒差に迫る走りを見せています。

また、全日本大学駅伝では大会のコースで長丁場となる区間の7区(17.6km)を52分09秒で走り区間賞を獲得しています。この7区には、強豪校として知られる青山学院大学の選手がいましたが、15秒差をつけて田澤廉選手が1位となっています。

 

強豪校のエースらを相手にここまでの記録を出せることはすごいですし、この走りが1年生らしからぬ活躍として注目を集めていることがわかります。

田澤廉(駒澤大)の性格は?


高校時代、大学入学後にもどんどんと成長をしている田澤廉選手は、一体どんな性格なのでしょうか。

力強く相手に食らいついていくかのような走りを見せていますが、「強気でいたほうがモチベーションが上がり、結果が出せるかもしれない」と考えた結果、意識的にそのようにしているんだそうです。

 

しかし、高校時代には現在のように積極的ではなかったようです。大学入学後に現在のような積極的な姿勢に変わり練習時に監督に対しても自ら練習メニューを変えてほしいといったこともあるんだそう。

このように積極的に取り組む姿勢と、前向きな性格で練習もきちんと行うところが新たな記録を生み注目のランナーとなっているのではないでしょうか。

田澤廉(駒澤大)の弟は?


田澤廉選手には2歳差の弟いて、現在青森山田高校の2年生(2019年時点)です。青森山田高校なので、兄さんの廉選手と同じ高校で後輩になります。

名前は、田澤駿選手というようです。

さらに弟も陸上をしているそうなので、このまま陸上を続ける選択をすると数年後には兄弟で駅伝を走る姿が見えれるのかもしれません。

帰省した際には、一緒に練習をしているそうですよ。

田澤廉(駒澤大)のプロフィール

田澤廉選手のプロフィールです。

田澤廉選手のプロフィール
  • 名前:田澤 廉(たざわ れん)
  • 生年月日:2000年11月11日
  • 出身地:青森県
  • 身長:180cm
  • 体重:60Kg
  • 血液型:О型

 

田澤廉選手は、気分を上げるときには音楽で上げているそうで宝物は音楽プレイヤーとイヤホンだとされています。なので、かなりの音楽好きなのかなと思いました。どんな曲を聞いているのかまでは、わかりませんでしたが、ちょっと気になりますね^^

田澤廉(駒澤大)出身中学高校はどこ?記録や性格と弟についても!まとめ

駒澤大学の田澤廉選手の出身中学、高校はどこなのかや、記録や性格と弟についてまとめました。

早くも活躍ぶりを他校などから注目されているので、今後どんな風に成長していくのかが非常に楽しみです。これからも田澤廉選手の活躍に期待したいです!