令和の文字を書いたのは誰!?書家の名前と経歴が判明!!

令和の文字を書いたのは誰!?書家の名前と経歴が判明!!新元号の発表時に菅官房長官が掲げていた新元号「令和」の文字を書いた人が誰なのか分かりました!書家の名前と経歴が判明したので、詳しく書いていきたいと思います。

令和の文字を書いたのは誰!?

4月1日に新元号が発表され、そのときに菅官房長官が掲げていた「令和」と

書かれた文字ですが、きれいな字でしたよね。

 

この令和の文字を書いたのは誰なんだろう?と、とても気になっていたのですが

こちらを書いた人物が誰なのか、名前と経歴が判明しました。

 

書家の名前と経歴が判明!!

令和の文字を書いた書家の名前と経歴が判明したので、さっそくみていきましょう!

 

名前と経歴は?

名前・茂住 修身(もずみ おさみ)

経歴・内閣府人事課、辞令専門官現在は、内閣府人事課、辞令専門職

に就かれているということです。

 

辞令専門職の仕事内容は?

茂住修身さんは、辞令専門職ということですが、一体どんなお仕事を

されているのでしょうか。

 

具体的な仕事内容は、行政関連の看板を書いたり、職員の辞令を書いたりする

字のうまい方が担当している公務員職なんです。

 

例えば・・・この表彰状ですが、茂住さんが書かれています。すごくきれいな字

ですよね!

字のうまさが、さらに仕事に繋がるだなんて、文字のうまさやきれいさって

すごく大事なんだと改めて痛感しました。。。

 

先程、茂住さんの職業は辞令専門と書きましたが、以前は辞令専門として

勤務していたそうです。

定年で一度退職し、再雇用となったため、現在は辞令専門だそうです。

通常の職種は、辞令専門が一般的なんだそう!

 

書家としても活躍している!?

茂住さんは辞令専門職に就いていると書きましたが、なんと

書家としても活動されているそうです!

書家名は、茂住 菁邨(もずみ せいそん)といい、

超達筆な文字を書かれています。

いやー、すごいですね!迫力があり、とても力強い文字です。

 

平成の文字を書いたのは誰!?

平成の元号が発表されたときに、平成の文字を書いたのは誰なのでしょうか!?

当時、小渕官房長官により発表されました。

 

上の写真が印象的ですね。この写真に写っている平成の文字を書いた人物は、

なんと、今回、令和を書いた茂住さんの大学時代の先輩である

名前・河東 純一(かとう じゅんいち)

経歴・内閣総理大臣官房人事課、辞令専門官(当時)

なのです。

 

河東純一さんも、辞令専門官として勤務していたようですが、

平成と連続して、同じ大学出身の方が書くことに驚きました。

では、どこの大学出身者の方が書いているのでしょうか。

 

どこの大学なの?

2つの時代を連続して担当されたということで、どこの大学なのでしょうか。

大東文化大学です。書道に関して歴史のある学校だそうです。

 

まとめ

平成の文字も、令和の文字もとても達筆だったので、誰が書いているのかな?

どういう経歴の方が書いているのかな?と非常に気になったのですが、

判明したときに同じ大学出身の先輩と後輩が担当されたということで非常に驚きました。

大東文化大学は、書道に歴史のある学校のようなので納得しました。