でんじろうのTHE実験・お刺身をおいしく復活させる方法は何?

でんじろうのTHE実験・お刺身をおいしく復活させる方法は何?2019年7月7日放送のバラエティ番組『でんじろうのTHE実験』で、スーパーで買ってきたお刺身をおいしく復活させる方法を紹介していました。紹介してくれた方はミシュランで星を6年連続獲得、料理歴57年の和食専門の職人・神谷昌孝さんです。賞味期限間近のお刺身をどうしたら、おいしく復活させ、プリプリにすることができるのでしょうか。

 

でんじろうのTHE実験・お刺身をおいしく復活させる方法は何?

※写真はイメージです。

スーパーで買ってきた賞味期限間近のお刺身をプリプリな状態においしく復活させるにはどうしたらいいのでしょうか。

~材料~

  • 日本酒
  • お刺身(番組内では白身魚を使っていました)

 

~用意するもの~

  • 半紙(習字に使うものとの説明がありましたが、用意するのも大変なのでキッチンペーパーの方が安心かなとは思います^^
  • 日本酒を入れるためのスプレーボトル
  • 角バット

 

~作り方~

  1. 角バット全体に塩をひとつまみ、まんべんなく撒きます。
  2. 塩を撒いたバットの上に半紙を置きます。
  3. スプレーボトルに入れた日本酒を半紙に吹きかけます。こうすることで、日本酒に入っている成分のカルボニル化合物が生臭さの原因を減少させてくれるそうです。
  4. 日本酒を吹き付けた半紙にお刺身を並べます。
  5. お刺身の上に半紙を重ねます。
  6. 再び日本酒を吹きかけます。
  7. 最後に、ひとつまみの塩を半紙の上から撒き、冷蔵庫に15分以上入れると完成。

 

今回紹介の技は、紙塩と呼ばれるもので日本料理伝統の技法だそうです。

浸透圧という科学の力で余分な水分を抜き魚の身を引き締める裏技なんだとか☆

 

お刺身をおいしく復活させる方法を紹介した職人とお店情報

今回、お刺身を復活させる方法を紹介した職人・神谷昌孝さんがいらっしゃるお店情報です。

場所:東京・銀座

料理ジャンル:日本料理

料理人:神谷昌孝さん(71)

店舗名:「銀座神谷(木挽庵)」

インターネットの検索で、「銀座神谷」と入力すると「銀座神谷 木挽庵」と出てきます。

同じようなお店の名前かと思い調べたところ、番組内で紹介されていた建物の内観と検索結果に出たものが同じでしたので、こちらかと思います。

 

お店に行かれた方の写真まとめ