【世界一受けたい授業】肌の潤いを保つ美肌菌に絶対してはいけないことは何?

【世界一受けたい授業】肌の潤いを保つ美肌菌に絶対してはいけないことは何?2019年8月31日放送の『世界一受けたい授業』では、肌の潤いを保つための美肌菌について紹介されます。また、潤いを保ってくれる美肌菌にしてはしけなことがあるそうなのですが、絶対だめなこととは何なのでしょうか?

 

【世界一受けたい授業】肌の潤いを保つ美肌菌って何?

まず、肌の潤いを保つ美肌菌とは何なのでしょうか。

人間の腸で例えると善玉菌の働きをしているのが、美肌菌です。その中でも代表的なものは「表皮ブドウ球菌」と呼ばれるもので、肌に潤いをもたらす救世主なんだとか。

 

この美肌菌を育てることで、悪玉菌を抑えられ肌をみずみずしく保つことができるんだそうですよ!

 

肌のシミ、シワ、たるみによくないとされるものは何でしょうか。

実は、太陽光による光老化なんだとか。ただ、当たり過ぎがよくないということのようですが、外出時など長時間、太陽光にあたりそうなときは、しっかりと対策をしてから出かけたいですよね!

【世界一受けたい授業】肌の潤いを保つ美肌菌を増やす方法は何?

美肌菌がどんなものか分かったところで、美肌菌を減らさないようにする方法はあるのかも気になりますね!

 

実は、剃刀で顔の毛を剃ることがだめらしいのです。

美肌菌が存在する場所は、皮膚の一番外側にある、角層の表面と隙間などに生息しているそうで、ここを剃刀で剃ってしまうと、美肌菌が一緒に取れてしまうです。結果、潤いが少なくなるんだとか。

 

ただ、剃らないというわけにはいかないと思うので、できるだけ剃刀を使用する頻度を少なくするといいそうです^^

また、男性の場合は毎日剃るという方も多いそうなので、慶田先生によるとジェルをたっぷりつけることもいいそうです。他にはレーザー脱毛もおすすめなんだとか。

 

では、美肌菌が住みやすくするためにはどうしたらいいのでしょうか。

肌と腸の環境は似ているため、腸の環境を整えることで肌の水分量があるそうですよ!

 

【世界一受けたい授業】美肌菌を守るための洗顔方法は?

美肌菌を守るため正しい洗顔方法があるらしいのですが、正解は9つのうち5つあるそうです。

順番に見ていきたいと思います。

正しい洗顔方法まとめ
  1. 髪をあげる
  2. 設定温度は35℃
  3. まずはぬるま湯で濡らす
  4. 洗顔料は3回プッシュ
  5. 皮脂の多い部分に泡をつける
  6. 指の腹で優しく洗う

 

やってはいけない洗顔方法まとめ
  1. タオルでしっかりと水分を拭く:タオルでゴシゴシとこすってしまうのはダメだそうです。
  2. 最後は冷水で荒う:皮膚の温度が下がると皮膚の水分が飛んでしまうんだそう。
  3. すすぎは5回程度:顔の隅に石けんが残っているので15回程洗うといいそう。

 

【世界一受けたい授業】で肌について教えてくれた先生

2019年8月31日放送の『世界一受けた授業』で肌について教えてくれた方は、「銀座ケイスキンクリニック」院長である慶田朋子先生です。

 

慶田朋子先生は、自身の著書も出版されています▼

【世界一受けたい授業】肌の潤いを保つ美肌菌 まとめ

顔を洗うときは、しっかりとすすぎ、冷水でしめずに、最後のタオルで拭く際も優しく水分を拭き取りたいですね^^

 

今回、美肌菌について慶田朋子先生が過去にスキンケアの方法をテレビで紹介していたときのものは、こちらです▼

【世界一受けたい授業】シミくすみを予防する方法は何?

スッキリ・医師が紹介正しいスキンケア方法(朝の洗顔/クレンジング/化粧水)は何?