【ソレダメ】ギョウザを家庭で簡単に名店の味にする方法は何?

【ソレダメ】ギョウザを家庭で簡単に名店の味にする方法は何?2019年9月11日放送の『ソレダメ』では、ギョウザを家で簡単に名店の味にする方法が紹介されます。以下では、餃子の名店が「食感」や「焼き方」などおいしさがアップする秘訣をまとめました!

 

【ソレダメ】ギョウザを家庭で簡単に名店の味にする方法は何? おいしい餡とは?

東京飯田橋にある「おけ以」のギョウザはミシュランにも載っているそうです。

こちらのギョウザは「餡」に秘密があるそうで、餡について教えてくれます

 

「おけ以」のギョウザは餡には白菜を使っているそうです。

白菜をざっくりとみじん切りにしたら、ざるに白菜を入れて湯くぐりを4回程湯くぐりします。これを繰り返すことでうま味が生まれるそうです。

家庭なら、電子レンジで500wで30秒加熱してもいいそうです。これは便利ですよね!

どちらも、白菜から出る水分はしっかりと手で搾ることがポイントです。

 

「おけ以」のギョウザ餡材料は?

【材料】

  • 豚バラ肉のあらびき
  • ごま油
  • うま味調味料
  • 生姜
  • 白コショウ
  • 黒ゴマ
  • 砂糖
  • 白菜
  • ニラ

 

こちらは分量は公開されていませんでしたが、これらを入れることでおいしく仕上がるそうです。

餡を作ったら冷蔵庫で2時間以上寝かすことで、味に一体感が増すそうです。

 

さらに餃子の皮に餡を包んだら、冷凍庫で2時間寝かして餃子の水分を飛ばすといいそうです。

このときは水分を飛ばすことを目的としていため、ラップはかけないそうです。

 

「おけ以」のギョウザは、冷凍してから焼くようになってから、ミシュランに掲載されるようになったとのことです。

【ソレダメ】ギョウザを家庭で簡単に名店の味にする方法は何? 食感を出す方法は?

次は東京の中野にある「中野餃子やまよし」では食感を出す方法について教えてくれます。

 

こちらの餡の割合は、お肉と野菜の割合が9:1というお肉メインの配合らしいのです。

さらに野菜の食感を出すために、れんこんを入れているそうです。餡の風味を変えずに食感を加えることができるため、5mm角に切ったれんこんを入れているとのことでした。

 

れんこんだと他のものの味を変えずに、食感を出してくれるためおすすめだそうですよ。

【ソレダメ】ギョウザを家庭で簡単に名店の味にする方法は何? モチモチにする方法は?

「でっかい餃子 曽さんの店」では餃子をモチモチに焼きあげる方法を教えてくれます

 

お肉の割合を増やすことで、肉汁が楽しめる餃子になるんだそうです。

 

モチモチの皮の材料は、強力粉(500g)、水(250g)、塩(5g)を使用しているそうです。強力粉を使用することで、モチモチ感が増すんだそうですよ。

 

皮はオリジナルで作っているそうですが、こちらのポイントは耳たぶと同じ厚さに伸ばすことがポイントのようです。

さらに、焼く前に一度餃子を茹でてから、焼くとモチモチに仕上がるそうです。

【ソレダメ】ギョウザを家庭で簡単に名店の味にする方法は何? 香りのいい水餃子は?

東京・新宿にある「老辺餃子館」では、香りのいい水餃子について教えてくれます

 

こちらのお店の魅力は、香りがいい餃子が特徴のようです。

家庭でできる香りのいい水餃子とはどうするのでしょうか?

 

紹興酒を餡に入れることで香りがよくなるんだそうです。

300gのひき肉に対して、紹興酒(大さじ1)、オイスターソース(大さじ1)を入れることで本場のような香りのいい餃子が楽しめるそうです。

 

隠し味を加えることで、いつもと違った風味を楽しめそうですね!

【ソレダメ】ギョウザを家庭で簡単に名店の味にする方法は何? ギョウザのタレのレシピは?

「Gyoza Bar Chaozu」餃子バー・チャオズと読むそうなのですが、こちらはタレが特におすすめなんだそうです。こちらでは、ギョウザのタレについて教えてくれます

 

家庭でも簡単にできるマスタードソースの作り方を教えてくれます。

【材料】

  • 粒マスタード(50g)
  • マスタードペースト(30g)
  • 白ワインビネガー(30g)
  • はちみつ(15g)
  • しょう油(20g)
  • オリーブオイル(70g)

 

【作り方】

  1. 粒マスタード(50g)とマスタードペースト(30g)を混ぜ合わせます。
  2. ①に白ワインビネガー(30g)とはちみつ(15g)を加えてさらに混ぜます。
  3. ②にしょう油(20g)を入れることで、からししょう油のような味わいになるんだそうです。
  4. ③にオリーブオイル(70g)を入れて、白っぽくなるまで混ぜたら完成です。

 

このタレが焼き餃子に絶妙にマッチするんだそうです。しょう油が辛子しょう油のようになるんだそうです。