坂上どうぶつ王国「猫100匹以上救った小学生」フジテレビ 6月7日

坂上どうぶつ王国「猫100匹以上救った小学生」フジテレビで6月7日放送のバラエティ番組『坂上どうぶつ王国』でこれまでに猫を100匹以上救ったスゴイ小学生が登場します。一体どんなスゴイ小学生なのでしょうか!?番組情報をまとめました☆

 

坂上どうぶつ王国「猫100匹以上救った小学生」は誰?

東京都足立区在住の小学生の女の子なちゅらちゃんこと、中山渚美(なちゅら)ちゃんが登場します!

なちゅらちゃんは、猫を保護する活動を小学校に通う傍ら行っているのですが、なぜ猫を助けたい!と思うようになったのでしょうか!?

 

坂上どうぶつ王国「猫100匹以上救った小学生」なぜ猫を助けたい?

それはなちゅらちゃんが小学校1年生の頃の話…。

近所に猫がいるからと自宅に連れて帰ったのですが、数時間後には亡くなってしまったという悲しい思い出が猫を助けたいと思ったきっかけのようです。

そのときの悲しい思い出は、本になっています。

 

↓それがこちら↓

猫のことや、なちゅらちゃんのことなどをもっと知りたい!って方は読んでみるのもいいですよね^^

 

坂上どうぶつ王国・犬用の車いすを作る夫婦と工房の名前や場所はどこ?フジテレビ6月14日

 

坂上どうぶつ王国「猫100匹以上救った小学生」の猫パトロールとは?

猫パトロール」は、なちゅらちゃんが小学校1年生のときに結成され、学校終わりに月に2回程同級生らと集まって猫探しをすること言います。

例えば…家の近所などで猫を見つけ捕まえるそうです!

 

では、なぜ猫を捕まえるのでしょうか?

野良猫で避妊・去勢手術をしていない猫は、数が多くなると殺処分されてしまうことがあるそうなんです。それを猫パトロールを行い、避妊・去勢手術をすることで増えすぎるのを防いでいるそうなんです。

また、捕まえた猫は自然に戻したり保護して自宅で飼ったり、他の方に譲渡もしているそうですよ★

なちゅらちゃんは、小学生ですが猫に対する知識が豊富で本当に驚きました!

 

ちなみに足立区の殺処分数は、猫パトロールの活動もあってか4分の1まで減っているそうです!

すごいことですよね!!

 

坂上どうぶつ王国「猫100匹以上救った小学生」保護した猫の譲渡会も!

今回テレビ出演したなちゅらちゃんは、年間80匹ほどを保護して、60匹を譲渡しているそうです!!

 

保護したばかりの猫は、人なれしていないこともあるので、歯ブラシで触って触れられることに慣れさせるといいそうです。

 

でも、なんで歯ブラシなのでしょう?

歯ブラシのブラシ部分が、猫の舌の感覚に似ているそうで仲間に触れられていると思い抵抗が少ないそう!!これはこれから猫を飼いたい方が覚えておくと良さそうですよね♪

 

少し脱線してしまいましたが、猫や犬の譲渡会は、IKEAで行われているそう!!

飼い主は誰でも良いわけではないので、例えば単身の高齢者には高齢の猫をおすすめしたりと会場で会話をして適正を見極めたりもしているそうです!

 

譲渡会が終わり帰宅後は、新しい飼い主さんが見つかった場合には、アンケートを元になちゅらちゃんと母が新しい飼い主が適任どうかを話合い審査し、新しい飼い主が決定していました。

本当にしっかりとしていて、これはもう大人顔負けですね!

 

坂上どうぶつ王国「猫100匹以上救った小学生」まとめ

『坂上どうぶつ王国』でこれまでに猫を100匹以上救ったスゴイ小学生が登場するということで、放送前から気になっていたのでまとめました。

これからも素晴らしい活動を広げていってほしいなと思いました!

坂上どうぶつ王国・犬用の車いすを作る夫婦と工房の名前や場所はどこ?フジテレビ6月14日