ジェルネイルオフ後の爪の状態は?ケアはどうする?【パラジェル】

ジェルネイルオフ後の爪の状態は?ケアはどうする?【パラジェル】ジェルネイルを繰り返していると、自爪を休ませたいから、そろそろネイルを休もうかな?という方もいるのではないでしょうか。今回はジェルネイルの中でもパラジェルをオフしたあとの爪の状態と、その後のケアに関して書いていきます。

 

ジェルネイルオフ後の爪の状態は?【パラジェル】

そろそろ爪も傷んできたし、ネイルをするのやめようかな…と思って、ジェルネイルをオフすることもあるかもしれません。また、約1か月に1回は付け替えのためネイルサロンに行かなくてはいけないので、忙しくて時間を取ることが難しくなると、ネイルをオフしたいと思うこともあるのではないでしょうか。

 

繰り返しネイルをしていると、なかなかオフした後の状態の爪を日常的に見ることはないかと思います。ジェルネイル(パラジェル)をオフした後の爪の状態ですが、このような感じになりました▼

写真なのでわかりづらいかもしれませんが、よーく見ると、少しだけ爪の表面がガサガサした感じになっています。

上記の画像は、パラジェルという種類のジェルを使用し、ネイルサロンでオフしてもらいました。

 

爪が生えてから、上の部分に伸びるまでに約3カ月程かかると言われているのですが、ここ数年はパラジェルを使用していたためか、爪へのダメージ(薄くなる、傷がつくなど)は特にありませんでした。

 

パラジェルはもともと自爪の表面を削らない(サンディング)しないというメリットがあるので、そこまで自爪が傷んでいる感じはしません。

パラジェルについてはこちらの記事で詳しく書いています▼

パラジェルってなに?デメリットとメリットを紹介します!

ジェルネイルをオフしてもらった時の手順

実際にオフしてもらったときの手順を書いていきます。

①まずはジェルの表面に傷をつけていきました(ジェルをオフするためのものなので、直接爪に傷をつけるわけではありません)。

②コットンに染み込ませたアセトンを爪に乗せて、成分が揮発しないようにアルミホイルを巻きます。

③ジェルが柔らかくなった頃に、金属のスティックのようなものでジェルをオフして、保湿のためのネイル用オイルを塗り終了です。

※最初にする手の消毒に関しては、こちらに書くときには省いています。また、サロンによってオフ内容が異なるので、参考程度にしていただけますと幸いです。

 

パラジェルを使用してネイルをしてもらったときに爪の表面を削らない(サンディングしない)分、爪へのダメージは残りませんでしたが、ジェルをオフしたときに爪の表面に薄っすらと残ったジェルが気になるかもという感想です。服に引っ掛かるということはありませんが、多少のザラつきを感じました。

 

自分でジェルネイルをオフしたいという方は今すぐこちらをチェック▼!

 

次は、ジェルネイルをオフした後のケアについて、まとめています。

ジェルネイルオフ後のケアはどうする?【パラジェル】

前述した通りジェルネイルをオフしてもらったあとは、特に表面を整えるためにサンディング等をしないサロンだったため、爪の表面を触ると薄っすらと残ったジェルがザラザラしていました。

 

ネイルケア美容液で保湿

オフしたあとは、強い薬剤(アセトン)により爪の水分が奪われた状態になるため、ネイルケアができる美容液を使って、自宅でも保湿していました。

ネイルケア美容液を今すぐチェック▼!

手軽にさっと塗れるところが便利ですが、寝る前に使うとその後はあまり水に触れることがないのでおすすめです。

 

爪の表面を整える

爪の表面にもしジェルが残った状態やザラザラが気になるなら、サロンでオフしてもらったあとに面の非常に細かい爪磨きで表面を整えることもありだそうです。

ただ、爪の表面を削って(サンディングして)いて傷んでいるなと感じたり、薄くなっている場合には、さらに爪の傷める可能性もありますので、こちらは注意が必要です。

 

オフ後について前述した際には、ザラザラした感じが気になると書いてきましたが、特に爪の表面を爪磨きで整えることは試しませんでした。

というのも、せっかく爪の表面を削って(サンディング)していない状態でネイルをしていたので、爪が伸びてくれば解消されるだろうと思い、またどこかに引っ掛かるということもなかったためです。

 

トップコートを塗る

パラジェルの場合は、ジェルネイルをしてもらうときに爪の表面を削る(サンディングする)必要がないため、薄くなるということは考えづらいのですが、爪が薄くなったり、傷んでいる場合には割れてしまうこともあるため、マニキュアのトップコートで厚みを出して保護することも可能だそうです。

 

トップコートを今すぐチェック▼!

こちらを試そうと思ったときは自宅にトップコートがなかったため、薄い色のマニキュアで試しましたが、色付きだったこともありツヤのない非常にマットな仕上がりになったため、すぐに落としてしまいました。

なので、爪を保護したいというにマニキュアを使用する場合は、透明のものの方が色味などが気にならずに済むのではないでしょうか。

ジェルネイルオフ後【パラジェル】 まとめ

ジェルネイルをオフしたあとの爪の状態がどうなっているのかが、気になる方もいるのかなと思い体験を元に、ジェルネイルをオフした後の爪の状態や、その後のケアについてまとめました。

パラジェルをしばらく続けていたため、爪の表面に傷ができることはありませんでしたが、個人的にはオフしたジェルネイルが薄っすらと爪に残りザラつきが気になりました。気になると言いつつも、こちらに関して爪が伸びてくれば少しずつザラつきも減るだろうと思い、特に何もしませんでした。もし、表面を爪磨きで磨くときは爪の状態を見ながら行うことをおすすめします。

また、マニキュアで保護する場合も、色付きのものではツヤ感などが気になったので透明のトップコートを使用することをおすすめします。

ずっとネイルをしていたということもあり、爪のケアができる美容液を塗ることで自爪のケアを現在も続けています。

ネイルケア美容液を今すぐチェック▼!

 

でもやっぱり、ネイルを楽しみたい♪続けたいという方はこちらをチェック▼!